RaspberryPi+LNMP+WordPress導入メモ3

記述範囲

  • WordPressに必要なアプリの導入
  • MySQL初期設定
  • Nginx初期設定
  • phpの初期設定(高速化)

WordPressに必要なアプリの導入

最初はLAMPで動作確認していたがどうしてももたつくのでLNMPに変更
プラグインの動作保証を考えてphp7ではなくphp5を導入
PHP-APCも含めておく

sudo apt-get install nginx php5 mysql-server php5-fpm php5-mysql php5-gd php5-curl php-apc
MySQL導入の途中で管理者パスワードを聞かれる、メモ忘れるな
個人的趣味でphpadminは入れてない

MySQL初期設定

WordPress用の初期設定

データベース作成
※サブドメインでWordPressを2つ作るのでデータベースも2つ作成している

mysql -uroot -pPASSWORD
create database wordpress_db1;
create database wordpress_db2;

MySQLのセキュリティ対策

Raspberry Piを外部公開するのでちょっとでも穴は防ぐ

sudo mysql_secure_installation
Remove anonymous users? [Y/n] y
Disallow root login remotely? [Y/n] y
Remove test database and access to it? [Y/n] y
Reload privilege tables now? [Y/n] y

nginx初期設定

LAMPで動作確認していた時に、WordPress上でのサブドメイン設定を利用しようとしたがプラグインがいくつか動かなかった(どのプラグインがNGかメモしておくの忘れた・・・)
なので、nginxでバーチャルホスト設定してドメイン2つで運用する

長いドメイン名への対策

サブドメインにしたせいかドメイン名の長さでエラーとなるので修正

対象ファイル

/etc/nginx/nginx.conf

修正内容(追記・修正内容のみ、コメントを外した)

server_names_hash_bucket_size 64;

サイトのserver設定

2つのドメインそれぞれのserverファイルを作成

作成場所

/etc/nginx/sites-available/xxxxxxxx

作成内容(ドメイン名(=ファイル名)が異なるものを2つ)

server{
        listen 80;
        client_max_body_size 20M;
        server_name DOMAIN-NAME1or2.xxx.jp;

        access_log /var/log/nginx/xxxxxxxx1or2.log;

        index   index.php index.html index.htm;
        root    /var/www/html/xxxxxxxx1or2;

        location / {
          try_files $uri $uri?$args $uri/ /index.php?$uri&$args /index.php?$args;
        }

        location ~* /wp-config.php {
             deny all;
        }

        location ~ \.php$ {
                root    /var/www/html/xxxxxxxx1or2;
                fastcgi_pass    unix:/var/run/php5-fpm.sock;
                fastcgi_index   index.php;
                fastcgi_param   SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
                include         fastcgi_params;
        }
}
wordpressのパーマネントリンク対応(apacheのrewrite)の代替手段が「try_files」のところ。

try_files
 指定のファイルが存在するかを左から探しに行く

site-enabledからのリンク作成

「sites-available」で作ったサーバ設定にリンクを張る

/etc/nginx/sites-enabled
sudo ln -s /etc/nginx/sites-available/xxxx_1 xxxx_1
sudo ln -s /etc/nginx/sites-available/xxxx_2 xxxx_2

PHPの初期設定(高速化)

パラメータ初期設定(確認)
PHP高速化(ACPu、ZendOPcache)の設定

うちではうまく動いているだが、ACPUとOPCacheが並行安定稼働するか調査不足
Zend OPcache
オペコードキャッシュ
(コンパイル後のコードをメモリに保存して再利用)
APCu
ユーザーキャッシュ
(オブジェクトや変数をメモリに保存して、別のリクエストからそれを再利用)

パラメータ初期設定(確認)

php.iniの設定

/etc/php5/cli/php.ini
memory_limit=128M

php-fpmの内容確認(user/groupがnginxと同じか?)

/etc/php5/fpm/pool.d/www.conf
user = www-data
group = www-data
listen = /var/run/php5-fpm.sock
listen.owner = www-data
listen.group = www-data
php_admin_value[memory_limit] = 32M
nginxのuser/groupは「/etc/nginx/nginx.conf」に記述されている

高速化設定(Zend OPCacheの設定)

/etc/php5/fpm/php.ini
opcache.enable=1
opcache.enable_cli=1
opcache.memory_consumption=128
opcache.interned_strings_buffer=8
opcache.max_accelerated_files=4000
opcache.revalidate_freq=60
opcache.fast_shutdown=1

下記内容を参照
http://php.net/manual/en/opcache.installation.php

php.info作ってPHP高速化(ACPu、ZendOPcache)が有効になっていることを確認