RaspberryPi+LNMP+WordPress導入メモ2

記述範囲

  • IPアドレスの設定
  • SSHの設定
  • DISK関係
  • サービス関連
  • オーバークロック

IPアドレスの設定(Jessie)

固定IPの設定

設定ファイル

/etc/dhcpcd.conf

内容(追記・修正のみ抜粋)

interface eth0
static ip_address=192.168.XX.XX/24
static routers=192.168.XX.XX
static domain_name_servers=192.168.XX.XX

確認コマンド(なんか忘れる)

ifconfig

Wi-Fiの設定

パスワードの暗号内容を以下のコマンドで確認

wpa_passphrase SSID PASSPHRASE

出てきた内容を以下のファイルに記述

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

こんな感じ(追記・修正のみ抜粋)

network={
        ssid="Your_SSID"
        #psk="Your_Passphrase" ← 削除
        psk=hogehogehogehogehogehogehogehogehoge
        key_mgmt=WPA-PSK #←追加
        proto=WPA2 #←追加
}

W-Fiの自動停止回避

TeraTermで作業中、ちょっと放置してたらWi-Fiが切れる。
ぐぐると以下の対応を発見。理屈はわからないけど動いたからOKということで。

以下のファイルを作成

/etc/modprobe.d/8192cu.conf

内容は下記の通り(追記・修正のみ抜粋)

# Disable power saving
options 8192cu rtw_power_mgnt=0
ちょっとでもCPU負荷を減らすため最終的には有線で立ち上げ

SSHの設定

公開鍵作成・設定

WindowsのTeraTermにて作業
「Setup」→「SSH KeyGenerator」にて公開鍵を作成する。
以下手順。

  1. 「Generate」押す(Key Bitsは2048でOK)
  2. 「Key Passphrase」にログインパスワードを記入
  3. 「Comment」はお好きなように
  4. 「Save Public Key」で公開鍵を作成
  5. 「Save Private Key」で秘密鍵を作成
  6. 「id_rsa.pub」をRaspberry piの以下の場所(名前)にコピー
/home/pi/.ssh/authorized_keys

コンフィグ設定

  • rootではログインできないようにする
  • 公開鍵の場所の定義
  • パスワードだけでのログインの禁止(公開KEYでのログイン必須)

設定ファイルの場所

/etc/ssh/sshd_config

設定内容は以下の通り(追記・修正のみ抜粋)

PermitRootLogin no
AuthorizedKeysFile  %h/.ssh/authorized_keys
PasswordAuthentication no

Disk関係

SWAP停止

まずはchkconfig導入

sudo apt-get install chkconfig

SWAP廃止のコマンド(HDDのように大量にWriteしたくないので)

sudo chkconfig dphys-swapfile off

tmpfsの設定

SWAP停止と同様、無駄なWriteの廃止

設定ファイルの場所

/etc/fstab

記述内容は以下の通り(追記分のみ抜粋)

tmpfs                   /tmp            tmpfs    defaults,size=32m,noatime,mode=1777      0       0
tmpfs                   /var/tmp        tmpfs    defaults,size=16m,noatime,mode=1777      0       0
安定したらログもtmp化すべきだがまだできてない

サービス関連

不要なサービスの停止

色々調べて以下を停止

  • avahi-daemon
  • bluetooth
  • dbus
  • motd
  • plymouth
  • triggerhappy
  • ntp

停止コマンド

sudo chkconfig *** off

ntpdate インストール

ntpを止めたので、別途ntpdateをインストール

sudo apt-get install ntp-date

設定ファイルの編集

/etc/default/ntpdate

内容は以下の通り(追記・修正のみ抜粋)

NTPDATE_USE_NTP_CONF=yes
NTPSERVERS="ntp.nict.jp ntp.jst.mfeed.ad.jp ntp.ring.gr.jp"

1時間に1回時刻合わせをするようにcron設定

sudo crontab -e

編集内容は以下の通り

0 * * * * /etc/network/if-up.d/ntpdate > /dev/null 2>&1

オーバークロック

しばらく放置後のwordpressアクセス時の立ち上がりがひっかかる。
– 最高動作クロックを変更
– CPUの省電力機能を「perfomance」(最大)に設定

最高動作クロックの変更

コンフィグ立ち上げ

sudo raspi-config

「6 Overclock」→「High 1000MHz・・・」を選択

省電力機能の変更

アプリ導入

sudo apt-get install cpufrequtils

「パフォーマンス」への設定

sudo cpufreq-set -g performance

以下のコマンドで動作クロックが「1000Mhz」になっていることを確認
(raspi-configで設定した値)

cpufreq-info